ニオイはなくせる。変えられる。

発生しやすい人

看護師

実は、ワキガは遺伝に関係していると言われています。
母親か父親のどちらかがワキガだった場合、その間に生まれた子どもも50%の確率でワキガで悩むことになります。
両親ともワキガだった場合は、およそ80%の確率で子どもに遺伝してしまいます。
もちろん遺伝以外にも原因はあり、成人してからいきなり発生するようになってしまったという人もいます。

また、男性と女性では、どちらかというと女性のほうが発生しやすい傾向にあります。
これには理由があり、女性はそもそもの原因にもなるアポクリン汗腺の数が多いのです。
さらに女性は皮下脂肪がつきやすいため、アポクリン汗腺や皮脂腺を刺激してしまう可能性が高いのです。

以上がワキガになりやすい人の特徴になるため、上記にあてはまる人はより自身の臭いに注意しておく必要があります。
家族や友達など、自分が信頼出来ると思った人に相談してみるのも1つの手です。