ニオイはなくせる。変えられる。

原因

脇に手を当てる

私たちの身体には様々な器官が存在しており、器官によってそれぞれ重要な役割を担っています。
そして、その器官の中には「アポクリン汗腺」というものがあり、実はこれがわきが発生の原因になってしまうものです。
アポクリン汗腺とは脇の下に存在する分泌腺のことで、他にも皮脂腺やエクリン汗腺があります。
スポーツをすると汗をかきますが、この時はエクリン汗腺から汗が分泌されています。

汗をかくことは体温を調整するためにも重要な行為で、これによって私たちの身体は基礎体温を保ち続けることが出来ます。
スポーツを終えた後、身体の汗を触ってみるとよく分かりますが、粘り気がなくてさらさらしています。
全身におよそ230万個もあると言われているエクリン汗腺から分泌される汗は、ほとんど水分で出来ているため、粘つきなくさらさらしているのです。
実は汗そのものに臭いはなく、普段感じている臭いとは、エクリン汗腺から分泌された汗と皮脂腺から分泌された皮脂がくっつくことで発生するものです。

しかし、アポクリン汗腺から分泌される汗は違います。
アポクリン汗腺から分泌される汗の中には、脂肪や鉄分、アンモニアや色素、蛍光物質などが含まれているため、一般的な汗とは違って粘つきがあります。
また、少し白っぽい色をしており、この汗が衣服に付着してしまうことで黄ばみや汗ジミの原因にもなります。
この汗こそがわきがの原因の元になる物質で、わきがの発生を防ぐためにはこれをしっかり取り除く必要があります。